ボトックス小顔でコンプレックス解消【咬筋の動きが抑えられる】

簡単・気軽な顔痩せの方法

女医

注射だけでできる美容とは

現在、美容医療の分野で利用が広がり、大きな注目を集めているものにボトックス注射があります。美容に関心のある人なら、一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。ボトックスは、もともと斜視や顔・身体の痙攣などの症状に対して使われてきた医薬品ですが、近年になって美容の治療にも活用されるようになりました。具体的な例としては、主に小顔効果やエラ取り、あるいはシワ治療などの目的で取り入れられています。また、その他にもふくらはぎを細くしたり、腋の下の多汗症を抑えたりするためにも活用されています。ボトックス注射は、メスなどの医療器具を使って皮膚を切ったり縫ったりする手術とは異なり、必要な部分に薬剤を注入するだけで効果が期待できる方法です。そのため、短時間かつ簡単な利用が可能で治療時の傷みも少なく、基本的に傷跡が残る心配もありません。美容外科や美容皮膚科のクリニックで気軽に受けられる小顔・シワ取りの治療法として、多くの人から支持されるようになったのも当然の結果だといえるでしょう。注射を打ってもらうだけで小顔やシワの治療が実現できるボトックスは、ある意味では夢のような美容整形の方法です。ただし、やはり気をつけたい点や注意したいこともあります。まずボトックスの成分についてお話しすると、実はボツリヌス菌という細菌から産出される毒素の一種を医薬品として製剤化したものです。この毒素が持つ人間の筋肉を弛緩させる作用を活用することで、咬むための筋肉を緩めて小顔効果を生んだり、表情筋の働きを抑えてシワを減らしたりしていくのです。使用する毒素つまりボトックスは非常にわずかなので安全ですが、必要最小限の量を最も適した部分に注入して効果を得ることがとても大切です。そのため、治療にあたる医師には多くの知識や高度な技術が求められます。また、患者の話をよく聞き、一人ひとりの希望を踏まえて最適の医療を提供してくれる人間力も重要になってきます。ボトックス注射による美容整形を検討する際には、まず美容外科や美容皮膚科のクリニックに相談して、信頼できる医師を見つけることから始めましょう。